骨格診断

骨格ストレートに似合うおすすめデニム5選【ユニクロ】

パーソナルカラー
只今のキャンペーンメニューは▶こちら

大人気メニュー▼
【ペア診断】パーソナルカラー+骨格+顔タイプ診断

お得なメニューが盛りだくさんなので要チェック✓

パーソナルカラー


こんにちは! パーソナルカラー診断サロンのBeauty N Tonalityです。


デニム

骨格ストレートの女性は似合うデニムを選べず、このようなお悩みをお持ちの方が多いのではないでしょうか?


「デニムを穿いたら野暮ったく見えてしまう…」

「似合うと感じるデニムと出会えたことがない…」

「どんなデニムを選べばいいかわからない…」


当サロンでは月間500人以上の方に骨格診断を行い、
一人ひとりに似合うファッションをご提案しています。

デニムは選び方を間違えると、野暮ったく太って見えるので、骨格に合ったデニム選びが重要です。

「似合うデニムがいまいち分からない…」

そんな骨格ストレートならではのお悩みを解決し、自分にあった垢抜けスタイルを見つけましょう。


そこで、こちらの記事では、

  • 骨格ストレートに似合うデニムの選び方
  • ユニクロで骨格ストレートに似合うデニム

をわかりやすく解説・紹介したいと思います。


こちらの記事を読めば、骨格ストレートの魅力を活かして、スタイル抜群な着こなし方法が分かります◎

ぜひ最後まで読んでください。



 目次 
  1. なぜ骨格ストレートはデニム選びは難しいのか
  2. どんなデニムが似合うのか?
  3. どんなデニムが似合わないのか?
  4. 骨格ストレートにおすすめのデニム5選
  5. 似合うコーデ・着こなし
  6. デニム以外の骨格ストレートの服選びについて





なぜ骨格ストレートはデニム選びは難しいのか


骨格診断では、ストレート・ウェーブ・ナチュラルの3つの骨格タイプに分類されます。

その中でストレートは「下半身に筋肉がつきやすく、ハリがある」というのが特徴です。



その為、下記のような難点が上げられます。

・大きめのサイズ感は着膨れしてしまう
・ストレッチの効いたものを穿くとムチムチになる


一方で、最近のトレンドは「スキニーデニム」や「ワイドデニム」なので、
骨格ストレートはトレンドのデニムが似合いません。

また、「ダメージ加工」のようなカジュアルな装飾があるデニムを着ると、貧相に見えてしまうこともあります。


そのため、トレンドが着こなせず、カジュアルなテイストが苦手な骨格ストレートは、デニム選びを難しく感じてしまいます。


でも、似合う「基本」さえ理解すれば、骨格ストレートでもデニムをおしゃれに着こなすことが可能です。



どんなデニムが似合うのか?


では、具体的にどういうデニムが、骨格ストレートに特に似合うのか?


まとめると、下記のポイントを満たすものがよく似合います。


項目ポイント
素材厚みとハリのある素材のもの(極力ストレッチが効いてないもの)
色/加工インディゴ本来の色/ノンウォッシュ
シルエットストレートシルエット
丈感アンクル丈〜フルレングス
サイズ感ジャストサイズ


特に大事なのは、「厚みとハリのある素材」「ノンウォッシュ」「ストレートシルエット」です。



骨格_ストレート

このようなデニムであれば、骨格ストレートの身体をきれいに見せてくれます。




デニムを選ぶ際は、上記の基本ポイントを意識しながら、いろんなデニムを試着することをおすすめします。



どんなデニムが似合わないのか?


続いて、骨格ストレートに似合わないデニムとはどういうものか?



まとめると、下記のようなデニムが骨格ストレートに似合わないデニムになります。


・ストレッチの効いた素材のもの
・ビックシルエット
・洗い加工
・ダメージ加工
・装飾やロゴがあるもの
・短すぎる丈感
・長すぎる丈感


一例としては、「スキニーデニム」です。

骨格ストレートは、太ももやふくらはぎに肉感があるので、スキニーデニムを穿くとムッチリしがちです。



そして、スキニーデニムの中でも特に避けたいのは、「洗い加工がされているボーイフレンドデニム」も苦手です。

ビックシルエットで洗い加工が施されているデニムは、骨格ストレートが苦手なデニムです。




それでは、私が実際にアイテムを見た結果、「骨格ストレートにおすすめのデニム」が下記になります。



骨格ナチュラルにおすすめのデニム5選


ペグジーンズ


骨格_ストレート

ミドルライズなので、ハイウェストすぎず、トップスをINしても、バランスよく着れます。



ハイウエストストレートカラージーンズ


骨格_ストレート

硬めのコットン100で生地がしっかりしているため高見えするデニムです。

無駄のないデザインがスタイルUPにも効果的◎


骨格_ストレート


ワイドストレートジーンズ


骨格_ストレート

ミドルライズでの着用が出来ます◎

夏仕様の軽やかな素材ですがワイドなので肌との密着がなくスッキリ履けます!


骨格_ストレート


スラウチジーンズ


骨格_ストレート

シンプルでコンパクトなデザインが◎

細身ですがゆとりがあり低身長のストレートの方にもオススメです。


骨格_ストレート


デニムイージーパンツ


骨格_ストレート

綺麗なストレートシルエットです。

タックがないので腰回りもスッキリ履けます。


骨格_ストレート


似合うコーデ・着こなし


骨格ストレートは、上半身に厚みがあります。


そのため、どんなアイテムでも縦長のIラインを意識することが大事です。




その点を考慮してまずおすすめしたいのは、「ハリのあるシャツ」です。


骨格_ストレート

シンプルなシャツにデニムを合わせるだけでかっこよく着こなせるのは、骨格ストレートの強みです。



それから、冬から春にかけては、「ハイゲージのVネックニット」もおすすめです。


骨格_ストレート

上半身に厚みがあるので、そこをスッキリ見せるために、デコルテまわりはあきの深いものを選ぶときれい見えします。



そして、「ハリのある生地感のジャストサイズのTシャツ」もおすすめ。


骨格_ストレート

ユニクロで言えば、ユニクロUのTシャツの厚みが最高にストレート向きです。



デニム以外の骨格ストレートの服選びについて


この記事を読んで、骨格ストレートの魅力を活かした着こなし方法や
似合うデニムが少しずつ分かってきたでしょうか?


でも、自分に似合うデニムだけが分かっても、ファッションはうまくいきません。


トップスからボトムまで、それぞれのアイテムが自分に似合っていて、かつコーデとして組み合わせた時に調和していないと、

その人の魅力を表現することができないからです。

では、コーデ全体で自分に似合うアイテムを選び、オシャレに見せるにはどうすればいいのでしょうか?




プロの診断と提案を受けてみる


自分の骨格タイプが分かってもファッションがうまくいかない人は、以下の3つのパターンが多いです。

1つ目は、自分の骨格タイプを自己診断して間違って認識しているパターン。

2つ目は、自分の骨格タイプを正しく診断できているけど、その骨格タイプに似合うファッションをよく分かっていないパターン。

そして3つ目は、自分の「顔タイプ」や「パーソナルカラー」も考慮しながら服を選んでいないパターンです。


このような方は、プロのイメージコンサルタントにトータルで診断してもらい、似合うファッションやメイクを教えてもらうと良いです。




プロにすべて診断してもらうと、平均で3万円前後かかってしまいます。

でも、買い物の失敗がなくなりますし、自分をきれいに見せることができるようになります。


経済的にも、人生的にも、めちゃくちゃプラスになります。


Beauty N Tonalityのイメージコンサルタントは、
診断経験が豊富で、ファッションやメイクの知識も深く、
お客様のお悩みへの寄り添い力が高い方ばかりなので、とてもおすすめです。


ご予約お待ちしております!


パーソナルカラー



ご予約空き状況▼

読み込み中... 読み込み中...

★:パーソナルカラー診断のみ
☆:パーソナルカラー・骨格診断まで可
*男性はパーソナルカラー・骨格診断まで可

パーソナルカラー